漫画とアニメのネタバレなあらすじを紹介する。ときどき小説やゲームの情報も

幸色のワンルーム、ネタバレありのあらすじ。読後の感想と結末予想。

今回は実写化のドラマが関東で放送中止になった事と、その内容が批判の対象になっている「幸色のワンルーム」という漫画を紹介していきます。

この漫画は書籍化されたあたりから、

実際にあった事件を連想する。

という理由で批判の対象になっていました。

それを今回地上波のTVでドラマ化するという事で批判が殺到し、全国区であるTV朝日が放送を中止した事で養護するファンとの間で激論がかわされています。

そんな「幸色のワンルーム」のストーリーとはどのようなものか、1巻から既刊4巻までのネタバレありのあらすじと感想などを記事にしてます。

各記事はネタバレを含みますので、ご注意ください。

そして、このまとめの最後に「幸色のワンルーム」がどのような経緯で描かれ始めたかと、総合的な私的感想、そして今後の展開予想を書きました。

興味ありましたらどうぞ(笑

それでは記事のまとめから。

また、漫画幸色のワンルームを無料で全巻読む方法を下記記事にしました。
参考までにどうぞ。

幸色のワンルーム幸色のワンルーム全巻を無料で読む方法は?1巻〜最新刊まで試し読み出来る方法を紹介!

1巻〜4巻のあらすじ。ネタバレありです。

基本的に「幸色のワンルーム」は「誘拐」された少女と「誘拐」してしまった男の話です。

幸色のワンルーム1巻幸色のワンルーム漫画1巻のネタバレありのあらすじ。読後の感想と口コミも。 幸色のワンルーム2巻幸色のワンルーム漫画2巻のネタバレありのあらすじ。読後の感想と口コミも。 幸色のワンルーム3巻幸色のワンルーム漫画3巻のネタバレありのあらすじ。読後の感想と口コミも。 幸色のワンルーム4巻幸色のワンルーム漫画4巻のネタバレありのあらすじ。読後の感想と口コミも。

ここまでの記事は、あらすじを若干小説風にお送りしました。
当記事では「男」と表現しましたが、作中では「お兄さん」と呼ばれています。

幸せのワンルームでは主要人物の本名が一言も書かれてません。

これも何かの意図があるのだと思いますので、その謎も気になる所ですね。

さて、感想に入る前に、そもそもこの「幸色ワンルーム」とはどのような経緯でどこで連載されていた漫画なのか。

それをお伝えしていこうと思います。

幸色ワンルームとは?

2016年9月20日から作者のはくりさんがTwitter上で「世の中いろんな人がいるという話」を公開し始めたのが最初です。

現在は「Pixivコミック」で連載されてます。

Twitterでの公開という事は、個人的なものとして最初発表されていたと理解します。
だからこの題材をこの時期に描けたのか。とわたしは納得しました。

さて、Pixivコミックでは以下のように作品紹介が書かれています。

その日、少女は誘拐された。
しかし、それは少女にとって一縷の希望にかけた生活の始まりだった。
少女は誘拐犯に結婚を誓い、誘拐犯は少女にたくさんの“幸せ”を捧ぐ。

誘拐犯と被害者の関係なのに―――どうしてこんなに温かいの?

出典:Pixivコミック

これを最初に読んだ時に、単純に「誘拐犯」と過ごす内に犯人を好きになっていくストックホルム症候群的なお話かと思いました。

ですが読んでいくと早い段階からそうじゃないのでは?という疑問が湧いて出ました。

そこで以下からはわたしの私的な感想と感じた事を記載していきます。

読後の感想。感じたこと

決して明るく楽しく読める作品ではありません。

日常パートでは軽めのギャグが入ったりしますが、総じてクールでダークな雰囲気を感じます。

1巻〜3巻までは男(お兄さん)が幸を好きだから助けようとしたのかと思ってました。

でもそれにしてはお兄さんがあまりにも淡々としすぎているので、違和感がありました。

1巻では幸の髪を洗ってあげる描写があります。
そこでは当然幸は全裸であるのですが(お兄さんは服着てます)まったく照れてない。

好きな女の子を目の前にして照れない男がいるでしょうか。
いえ、いないでしょう。

だから4巻で、実は幸の事に苛ついていて、だからこそ気になっていた。
と知った時に納得しました。

そしてこの作品にある現代の闇の部分にとても興味を惹かれてしまいました。
誘拐の物語ではなく、共依存した二人の子供の話ではないかと、この先が気になってます。

それでは、
これから二人はどうなるのか。

最後の結末を予想していきたいと思います。

今後二人の結末はどうなる?大胆予想!

この二人がどんな末路をたどるのか。

予想としては3つです。

  1. 幸と二人で生きていく
  2.  二人が警察(もしくは探偵)に見つかり、お兄さんが死ぬ
  3.  幸とお兄さんは引き離される(お兄さんは捕まる)

1になるには相当なご都合主義展開が必要ではないでしょうか。

そもそもお兄さんは幸に依存していますが、愛なのか。

というとそうでは無いと思うので、たとえ誰にも見つからず今のままでいれたとしても、いつまでも続かないのでは?

 

2については、ありえそうです。

探偵がやけに優秀そうです。

4巻の最後には幸とお兄さんの暮らすアパートと部屋を特定してそう(これはミスリードかもしれませんけど)。

そして見つかったら、一緒に死のうというのは当初の約束。
幸もお兄さんもこの約束は反故にしそうですが、幸は見つかったら両親の元に連れ戻される事を嫌がって死のうとするのでは?
それをお兄さんが反射的に助けて逆に死にそうです。

 

現実的には3かな。

二人が見つかって、普通に幸は児童保護施設に連行(これは探偵がなんとかしそう)そしてお兄さんは誘拐で逮捕(お兄さんは「死ぬ勇気がない」から自死はしないと思う)。

数年後お兄さんの面会に幸が来て・・・。

とかどうでしょう。

 

という事で誰も死なない、そして救いがありそうな3を当サイトの予想とします!

勝手な解釈等含みますので、お許しを。

まとめ

今回は「幸色のワンルーム」という漫画あらすじネタバレで紹介しました。

色々と問題のある作品ではありますが、わたしはこれからもこの作品を最後まで読んでみたいと思ってます。

 

今回は以上となります。
参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください